まぁるいこころ

日々の学び。手当てをしながら学ぶこと。

予防医療に力を入れたい


にほんブログ村

このブログを見つけてくださり

ありがとうございます♪

°˖✧☆°˖✧☆°˖✧☆°˖✧☆°˖✧☆

今年ほど高校野球を見た年はなかったと思います。

決勝まで、皆さんお疲れ様でした。

金足農業さん、東北の底力を感じました。

秋田の米食おう!そんな気持ちにさせてくれる

秋田勢の踏ん張りでしたね。

素敵です。

 

 f:id:nana00maru:20180821233938j:plain



さてと。

増える訪問業を

ありがたく喜んでいらっしゃる方は

たくさんいらっしゃると思います。

 

このままでいいのかな

とも思います。

(辞めたいだけ(笑))

 

 

 

例えば

 腰が痛くなりました

それが何日も続くので

整形外科に行きました。

レントゲンを撮っても

異常なし

鎮痛剤湿布薬を処方されました。

 

通える方は

整形外科での物理療法

電気をあてたり、けん引したり。

 

その後、いつの間にか

痛みは軽減したけれど

全回復とまではいかない。

または

どんどんひどくなる。

 

このような方は

わりといらっしゃるのではないかと思います。

 

そういう時に

どうするか。

 

病院で、医師から

アドバイスをしてもらったことがある方は

どれくらいいらっしゃるでしょうか。

 

大抵の方は自己判断で

 

・整体に行って

ちょっと高いけどわりとよくなった。

又は

高かったのによくならなかった。

どれくらい通い続ければいいのか。

 

・町のマッサージ店(国家資格なし)に行って

よくなった。

又は

揉み返しで辛くなった。

 

などなど。

 

いろいろと試しているのではないでしょうか。

腰痛に限らず

膝や肩の痛み

ピリピリとした痺れがあったり

ちくちくとした神経痛などがある場合もそうです。

 

病院に行って

骨や神経には異常なし

と言われて

 

じゃあどうすれば??

と思っている方は多いのではないでしょうか。

 

テレビで

〇〇痛 のような特集が組まれ

紹介された病院に殺到したり

食材を試してみたり

体操をしてみたり

(体操は、適する場合とそうでない場合があり

 正しくやらないと逆効果の場合があります)

それを続けたり

 続けられなかったり。 

 

 

骨に異常がない場合

多くは筋肉が原因と考えられます。

 

凝りすぎている状態を緩和し

 →マッサージやストレッチ

正しい体操、運動で足りない筋力を鍛える。

ということを続けていけば

20年~30年経った後の

健康状態が変わると思います。

 

インターネットが普及し

数多くの情報を得られる時代にはなりましたが

その個人に合った治療法を見極めるには

難しい状態であることは変わりません。

 

原因となっている事(例えば仕事)をやめなければ

よくならないということもあるでしょうし

少しマッサージを受けて、ストレッチをするだけで

改善することもあります。

それは本当に人それぞれですが

そういう状態の時に

改善しておくことができれば

 

老後の訪問業に頼ることを減らせる

と思います。

 

そうなる前に、もっと

国家資格のあん摩マッサージ指圧師の治療を

保険で受けられるようになるといいのに

と思います。

自分が儲けたいからではなく

 

ちょっと触って

あぁここか… と

指圧すると、軽くなる、元気に帰れる

ということもたくさんあるのです。

そこで、適切な運動のアドバイス

生活の中での気を付ける癖など

お話できれば

変わってくると思うのです。

 

退職後、定収がなくなり

年金を支給される年代になった頃

訪問医療を利用することで

別途料金がかかります。

自己負担でも

国の負担でも

負担は負担です。

 

 

先日、80代の方が

「年を取ると、お金は出ていく一方だねえ」

とおっしゃっていました。

 

蓄えるべきは、裏切らないお金と(笑)

無病息災、とは言わなくとも

一~三病息災くらいで

うまく付き合っていける身体

ではないでしょうか。

 

自分も、年を追うごとに動けなくなると困るので

自己管理をしっかり!今のうちから

考えておかないとなぁと思います。

 

あと1ヶ月くらいは

暑い日が続くでしょうか。。。

ご自愛くださいませ。